11月4日【今日はなんの日?】法隆寺昭和の大修理落慶


11月4日今日はなんの日?

1985年の11月4日、聖徳宗の総本山であり、現在ユネスコの世界遺産にも登録されている法隆寺が大修理を終え、落慶法要を行いました。

この大修理は1934年から開始し、実に50年をかけて行われました。半世紀もかけて行ったんですね!
法隆寺ってどんな寺?

法隆寺は奈良県生駒郡斑鳩町にある寺院です。

別名、斑鳩寺といい、開基は推古天皇・聖徳太子と言われています。

西院伽藍はなんと、現存する世界最古の木造建築群です!

日本書紀によれば、聖徳太子がここに宮室を作り移り住んだのがはじまり。後に斑鳩寺となり、現在の法隆寺という名前になります。

私は小学校の修学旅行で行ったきりなんですが、五重の塔があったことくらいしか覚えてないなぁ。。

日本に仏教を広めた聖徳太子に縁のあるお寺法隆寺。大人になった今、あらためてお参りしたいですね。